ごあいさつ

政策や意見とともに、課題解決のために活動してまいります 政策や意見とともに、課題解決のために活動してまいります
 会員の皆様には、日頃より看護連盟活動にご協力いただき、ありがとうございます。
 ご存知のとおり新型コロナウイルス感染症拡大のため、北海道は6月20日まで「緊急対策措置」期間を延長しました。感染への対応が長期化し、看護の現場をはじめ会員の皆様の生活に大きく影響しております。 北海道看護連盟は看護現場の実態を考慮し、通常総会を中止(協議事項につきましては、機関誌「ほっかいどう」50号に掲載しました内容)、支部長会を書面決議、総会に次ぐ議決機関である役員会決議といたしました。今後、事業運営につきましては、感染対策状況を踏まえて可能な時期に実施する予定でおります。
 この状況下、会員の皆様から寄せられました「現場の声」は、看護職代表議員から直接あるいは国政報告として経過・結果を伺い、指導をいただいております。特に「たかがい恵美子」参議院議員につきましては、これまでの議員活動の実績と信頼度の高さから、人脈と組織を駆使して活動され、臨床看護・訪問看護・介護・教育等の問題・課題解決に尽力されています。
 北海道看護連盟は、これからも現場の声を国政に届け、看護職代表議員が力を発揮しつづけられるように活動してまいります。今後も会員皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

令和3年6月

北海道看護連盟 会長 武田洋子